Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
  1. TOP
  2. 投資・資産運用
  3. ビットコインなど仮想通貨投資の始め方・買い方|取引所の口座開設→入金→購入→保管→売却までの流れ

ビットコインなど仮想通貨投資の始め方・買い方|取引所の口座開設→入金→購入→保管→売却までの流れ

仮想通貨(正式には暗号通貨という)で莫大な資産を構築されている人がチラホラと見受けられますね。

私も2017年1月から仮想通貨への投資を始め、現在は結構な額の含み益が出ている状況です。きっと興味がある!と言う人も増えていることでしょう。

そこで今回は、仮想通貨投資を始めるための基本として、購入から、保管、売却までの一連の流れを分かりやすくサクッとまとめてみます。

暗号通貨には、代表的なビットコイン(BTC)の他、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)など、何百種類もの通貨がありますが、基本的に購入から売却までの流れはどれも同じです。(市場に公開される前の通貨の購入(ICO)はこの流れとは異なります。)

仮想通貨投資ってどうやって始めればいいの?何をやればいいの?買い方は?って人は是非参考にしてみてくださいね。

仮想通貨の始め方・買い方【概要】

結論から先に言いますと、おおまかな流れは以下のようになります。今から思えば当たりまえな流れですが、私が初めてBitcoinを購入した時は、買い方すらよく分からないものでした。

①仮想通貨の取引所に口座を開設(登録)する
②お金(日本円)を上記の口座に入金する
③入金したお金でビットコインなどの仮想通貨を購入する
④購入した仮想通貨を保管しておく
⑤利益が出たら取引所で売却する

では、それぞれについて詳しく説明していきますね。

仮想通貨の取引所に口座を開設(登録)する

仮想通貨は「取引所」と呼ばれるところで買ったり売ったりすることができます。

ですので、投資を始めようと思えば、まずは取引所を利用するために自分の口座(アカウント)を作成する必要があります。

株やFX取引をする時は、例えばSBI証券や楽天証券などの証券会社に自分の口座を作って売買を行いますよね。これにあたるのが「取引所」です。

日本には、コインチェックやビットフライヤーなどいくつかの取引所がありますが、まずはこれらの取引所に自分の口座を作る必要があるということですね。

どの取引所でも口座開設のためにすることは基本同じで、

①氏名、住所、メールアドレス、電話番号などの個人情報を公式ホームページ上で登録する。
②免許証などの本人確認書類(身分証明書)をホームページ経由で提出する。

たったこれだけの手順で口座の開設が行えます。

取引所にお金(日本円)を入金する

自分の口座が開設できたら、次はお金(日本円)を入金します。くれぐれも余剰資金以外は使わないようにしてくださいね。(投資の鉄則です)

入金方法としては大きくは2つがあります。

銀行振込

これは一番メジャーな入金方法ですね。取引所に口座を開設すると自分専用の入金口座が作られます。

例えばコインチェックという取引所では、住信SBIネット銀行とりそな銀行の2つの入金用口座が自分専用に作られます。入金する場合は、このどちらかの口座にお金を振込めばよいだけです。

ちなみに、日本最大手のビットフライヤーという取引所でも入金用口座の1つとして住信SBIネット銀行の口座が作られます。

振込元を住信SBIネット銀行にすれば、同じ銀行間での振込なので手数料が無料になり、その上24時間365日リアルタイムに残高が反映されるという大きなメリットがあります。

仮想通貨投資を始めるのであれば、あらかじめ住信SBIネット銀行の口座を開設しておくと後々非常に便利ですよ。
⇒ 住信SBIネット銀行はこちら

クイック入金

クイック入金を利用すれば、金融機関の休みを気にせず24時間365日、いつでも入金が行えます。すぐに始めたくて銀行の振込み処理まで待てないよって人にはいいかもしれませんね。

ただし、取引所が提携するインターネット銀行やATM、コンビニなど、ある程度の制限があります。

また、別途手数料がかかる上に、7日間は入金したのと同じ金額の資産を取引所以外に移せないというデメリットもあります。

例えば、入金してすぐにビットコインを購入しても、購入した取引所以外には移せないので注意が必要ですね。

ということで、日本円の入金は「住信SBIネット銀行を使った」「銀行振込」が一番よいのではないかと思います。(実際に私が入金する場合はこの方法で行っています。)

ビットコインなどの仮想通貨を購入する

入金が完了すれば、いよいよ仮想通貨の購入です。取引所で仮想通貨を購入する方法としては、以下の2パターンがあります。

取引所を使って購入する

売りたい人と買いたい人が集まる「市場(取引所)」から購入する方法です。数多くの買い注文・売り注文があり、値段が合えば取引が成立します。(証券会社で株を買うイメージですね。)

自分で値段を決めて売買の注文を出せるというメリットがありますが、値段が合わないといつまでも購入(売却)することができません。

また、日本では「円」と「ビットコイン」の交換だけという取引所がほとんどです。

取引所に併設された「販売所」から購入する

販売所は、それぞれの取引所が自ら仕入れた仮想通貨を独自に販売しているところです。

ビットコイン(BTC)以外にもイーサリアム、ライトコイン、リップル、ネムなど、取り扱っている通貨であればすぐに購入できるというメリットがあります。

ただし、値段は取引所で成立している価格(時価)より割高(売る時は割安)というデメリットがあります。

クレジットカードで購入できる取引所もある

取引所によっては、自分の口座に日本円を入金しなくても、クレジットカードで購入できるケースもありますが、手数料が相当額含まれていますので購入金額が割高になってしまいます。

例えばコインチェックでクレジットカード決済をする場合、8パーセントほど手数料がかかります。8パーセントって結構な額ですよね。買った後に同じだけ値上がりしないと損を抱えている状態ですから・・・

ということで、よほどクレジットカードを使わないといけない理由がある人以外はクレジットカード払いはやめておきましょう。

購入した仮想通貨をウォレットに保管する

仮想通貨を購入したら、自分の口座のウォレットと呼ばれる場所に自動的に保管されます。

もちろんこのまま取引所のウォレットに保管しておいてもよいのですが、取引所は数多くの人が集まって売買を行っている場所ですので、多額の仮想通貨が集まっています。

なので、ハッカーに狙われ預けてある資産を失う危険が高いのです。もしハッキングに合えば自分の資産が一瞬にして盗まれてしまいます。

頻繁に取引を行わない長期保有者であれば、できれば取引所以外の自分のウォレットに移しておく方が良いでしょう。

【参考】
仮想通貨が初めてであればウォレットって何?って思われる人も多いかと思います。

直訳すると「財布」ですが、仮想通貨という電子データを保管し、インターネット銀行の口座のような使い勝手で入出金できる入れ物なのです。

私自身、仮想通貨を始めた時に一番理解できなかったのがこのウォレットと言うものです。

取引所で仮想通貨を購入すれば自動的に自分の口座に保管されるのでは?ウォレットって何?別で必要なの?という疑問がありました。

実は、仮想通貨の世界においては通貨毎にそれぞれのウォレット(保管場所)が必要なのです。

つまり、ビットコインであればビットコイン専用のウォレットが、イーサリアムであればイーサ専用のウォレットが必要ということです。

取引所で仮想通貨を購入すれば、自分の口座に専用ウォレットが自動的に作成され、保管される仕組みになっています。

もちろんウォレットは無料で使えます。

しかし、取引所はハッキング等のリスクが高いので、すぐに売らないのであれば取引所以外に自分のウォレットを用意して保管するほうが安全ということです。
【ここまで】

ウォレットにはどんな種類のものがあるのか、各ウォレットの送金や受金といった使い方などについては、別の機会に詳しく紹介したいと思います。

値上がりしたら取引所で売却する

購入した仮想通貨が値上がりしたら取引所で売却し利益を確定させます。

仮想通貨を取引所以外のウォレットに移している場合には、取引所のウォレットに送金しなければ売却できません。

取引所における口座開設から入金、購入、売却までの詳細な流れについては、別の機会に紹介したいと思います。

日本の主な仮想通貨取引所

日本の仮想通貨取引所の内、主だった所をいくつかご紹介しておきます。

・ビットフライヤー(bitflyer)
コインチェック(coincheck)
・コイン(Quoine)
・ザイフ(Zaif)
・BTCボックス(BTCBox)
他・・・

取引量、信頼性、使い勝手、手数料などを総合的に判断すれば、初めての人はまず「コインチェック」か「ビットフライヤー」のどちらかに口座を開設しておくのがおすすめですよ。

ちなみに私の一押しはコインチェックです。
口座開設(アカウントの登録)の方法はこちらの記事で詳しく紹介しています。

コインチェックの登録方法と使い方|アカウント登録→本人確認→二段階認証→入出金→ビットコイン購入までの流れを具体的に解説!

 

それぞれの取引所の違いや特徴などは、また別の機会に紹介できればと思います。

私が仮想通貨投資を初めた理由

ここでは難しい話は割愛しますが、ビットコインなどの仮想通貨とブロックチェーンの仕組みを使えば、銀行などを介さずに、海外など遠く離れた相手でも直接本人に送金が行えます。

瞬時に、安全に、しかも銀行の海外送金や振込とは比較にならないぐらい安い手数料で。

もはや銀行なんて必要ない時代がくるとまで言われています。

このような理由から、仮想通貨とブロックチェーンの技術は今後間違いなく普及していくのはないかと思っています。

かつてのインターネットがそうであったように、5年後、10年後には仮想通貨は私たちの生活に当たり前のように入り込んでいるのではないでしょうか。

一介のサラリーマンである私でも、数年後に莫大な資産を築ける可能性はものすごく高いのではないかと感じています。

(実際に私の投資金額は数十倍にもなり、かなりの含み益を抱えている状況です)

もちろん短期的に見れば損を抱えることもあるかもしれませんが、何かを始めないと将来は今と何も変わりませんからね。

まとめ

ということで、仮想通貨投資の始め方の手順として、取引所の開設から、お金(日本円)の入金、仮想通貨の買い方、保管、売却までの流れの「概要」をご紹介してきました。

大枠としてはだいたい理解していただけたのではないかと思います。

各取引所の詳細な登録手順であったり、入金・購入方法などについては、また別の機会にご紹介できればと考えていますのでそちらをご覧いただければと思います。

仮想通貨への投資は、ハイリスク・ハイリターン。投資はあくまで自己責任で。

\ SNSでシェアしよう! /

Kucchi'Sの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Kucchi'Sの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

関連記事

  • コインチェックの登録方法と使い方|アカウント登録→本人確認→二段階認証→入出金→ビットコイン購入までの流れを具体的に解説!